理想的と感じていた武蔵村山市で新築住宅探しを

上手く交通機関を乗り継げば都心まで1時間少々というアクセス利便性、そして何より狭山丘陵に広がる豊かな自然環境等、武蔵村山市は新たな住まいを新築 武蔵村山市で建てる上で最高の条件でした。
いやらしい転勤の連続からようやく解放され、新築住宅がはっきりとした構想として浮かんできた時、自然を身近に感じられる場所を条件に候補を幾つか絞り込んでいたのですが、その中でも武蔵村山市は最も理想的なエリアでした。
場所が内陸で冬場はかなり冷え込む事が予想された為、採光性に優れている他、防寒・気密性に優れた構造である事を重視して業者を吟味し、また頻繁に現地に足を運び建売住宅の見学会に参加しました。
以前から何度か足を運ぶ機会があり現地の地理は比較的把握しているつもりでしたが、見学を重ねる度に未知の魅力溢れるロケーションの新築物件が現れ、かなり迷う事となりました。
最終的には住環境だけでなく、スーパーや学校へのバランス良いアクセス条件を備えた物件が見付かり、家族共々十分満足ゆく生活の拠点を手に入れる事が出来たのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です