40代でフリーランスエンジニアに挑戦する勇気

40代というと、円熟期に入り、仕事もそこそこ順調で、収入も増えて、会社でもそれなりの居場所ができ、いろいろな責任を任される状況かもしれません。このままこの椅子に座り続けるのか、それとも、そろそろ転職するのか、そんな気持ちにもなるかもしれません。スキルを身に着けているゆえに、自分の力で将来を切り開いてみたい、そんな思いになるのは自然なことです。
フリーランスのエンジニアとして、独立起業し、これからは自分のスキルだけで食べていく、そのような挑戦は立派であり評価されるべきです。仕事を受注し、納品する、その責任すべてを自分で背負うのであり、プレッシャーがあるかもしれませんが、それでも、すべてが自分の売り上げになり、仕事をすることの楽しさを味わうことになるのは確実であり、いろいろな分野にトライしてみる可能性も広がっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です